小学生の子供が朝ごはんをあまり食べない!リアルな朝食ブログ

小学生の子供が朝ごはんをあまり食べなくて、頭を抱えています。

とくに、6年生の娘。

 

そもそも朝は食欲がないとのことので、パンもおにぎりもほとんど食べない。

 

いそがしい朝のお助けフルーツ・バナナは嫌い。

ヨーグルトも朝は食べたがらない。

 

納豆・海苔・ブルーベリーなど、歯磨きに時間がかかりがちな食べ物すべて拒否。

のの字ねこ

どうすりゃいいのー!

 

そんな娘が、「コレなら少し食べる!」という朝食をまとめてみました

はるさめ or もずくのスープ

子供が朝ごはんを食べない

いちばんハマっているのが、はるさめ又はもずくのスープ。

 

とくに、もずくのスープが簡単!

お椀に塩こうじを小さじ1いれて、お湯を150mlくらい注いで、もずくを加えるだけ。

のの字ねこ

もずく大好きな娘、おおよろこび!

 

塩こうじの代わりに鶏ガラスープの素に醤油か塩を使っても。

 

写真は溶き卵いり。

鍋にお湯・塩こうじ・溶き卵をIN。

でき上ったらお椀に注ぎ、もずくを投入。

 

もずくを最後に入れると、少し冷めて食べやすいです。

ちょっと多めに作って、残ったスープは私の昼ご飯にしています。

 

もずくはコストコの「沖縄県産生もずく」を使っていますが、季節限定品なのが難点。

乾燥もずくでも食べてくれるのか、試してみなくては。

重ね煮の味噌汁

「重ね煮」があれば秒で完成するお味噌汁。

あらかじめ作っておいた重ね煮・味噌・お湯を入れて混ぜればできあがり。

 

手作りのインスタントみそ汁「味噌玉」もいいなぁ、と思うのですが、1個1個丸めるのが私にはハードル高めでした。

 

重ね煮のレシピは他にもたくさんあるので、調べてみると楽しいかも。

私は基本の重ね煮ばっかり作っています。

スポンサーリンク

パイナップル

子供が朝ごはんを食べない対策

朝はフルーツすら嫌がることが多い娘ですが、パイナップルならわりと喜んで食べてくれます。

だけど、近くのスーパーで売られているカットされた状態のパイナップルは、消費期限が当日中。

 

まるごとのパイナップルなら数日もちそうだけど、カットが難しそうだなー。

と思っていたのですが、そんなこと無かった!

 

すごく簡単でした。

 

動画冒頭のような皮のむき方は怖くてできないので、適当に皮をそぎ落としてます…。

 

朝は時間がないので、夕飯のついで等にカット。

カットしたパイナップルは、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すると、3〜5日程度もちます。

ホットケーキ

月に1度くらいの頻度で、夫が直径8㎝くらいのミニホットケーキを休日に大量生産してくれるので、それを平日の朝にレンチンして食べます。

 

直径8㎝くらいのミニホットケーキの半分か3分の1だけ食べて、残りはおやつにすることが多いです。

ホットケーキには何もつけず。

娘は牛乳が嫌いなので、お茶と一緒に食べています。

学校給食の牛乳は毎日気合で飲んでいるそうな。

 

幼児のころはホットケーキにほうれん草やにんじんを混ぜたものをよろこんで食べていましたが、今は嫌がります…。

のの字ねこ

小さい頃はなんでも食べたのになぁ。

さいごに

スムージーなら朝でも飲みやすくて、栄養満点だ!

と思って娘の好きな野菜やフルーツで作ってみたこともありましたが、スムージーも嫌とのこと。悲しい。

 

娘は平日だけでなく、休日も朝は食欲がありません。

休日は歯磨きに時間がかかっても問題ないので、よく冷凍ブルーベリーを食べています。

 

下校後に1食分にちかい量をたべることが多いので、1日トータルでみると栄養もカロリーも足りているはず。

身長はもうすぐ私を追い抜きそうだし、勉強も運動能力もまぁまぁそこそこ。

 

あまり心配していないけれど、もっと朝食に食べられるものが増えればいいな。

これからも試行錯誤は続く…!

 

朝に食べてくれるものが増えたら追記します。

スポンサーリンク
おすすめの記事