庭づくり

一戸建ての我が家の庭は、砂利で埋め尽くされています。

 

家を建てたのは、上の子が1才の頃。

 

そのときは日々の生活で精いっぱいで、お庭に手をかけることは考えられなかったけれど、

「いつかガーデニングに目覚めるかもしれないし~」

 

と思って、あえて砂利を選びました。

 

土のままだと雑草がボーボーはえるし、雨が降った時にぬかるみができますからね。

 

砂利はジャリでも、白とか赤みがかったのとか、オシャレ系な砂利を敷きたかったんだけど。

夫の友人に外構を頼んだら、フツーの河原の砂利みたいな色の、イメージと全くちがうのを敷くわ、ありえないほど時間かかるわで大変なことになりました(´;ω;`)

スポンサーリンク

お庭の業者選び失敗談~外構を友達にたのんだら困ったことに

同窓会でひさしぶりに会った夫と、外構工事業をしている友人Aさん。

その同窓会で

A「庭の工事やろうか?」
夫「やってやって~」

という流れになり、お願いすることに。

 

今思い返してみると、同級生以上・ともだち未満くらいなのか??

お互いちょっと遠慮しあっている感じがありましたね^^;

 

Aさんには、我が家の庭の砂利敷きの他、

玄関アプローチのレンガ敷き
門柱

をやってもらうことに。

 

もともと受け持っている仕事の空き時間でやるから、時間がかかるといわれました。

わかりました~!

 

と返事をしたものの、まさか一軒家を建てるよりも時間がかかることになるとは誰が予想できたでしょうか。

 

打合せの途中で下の子妊娠

出産

産後1ヶ月の頃にやっと完成

 

最初の打ち合わせから完成まで、ヨユーで1年以上経ってる!

 

 

私 < もうすぐ里帰りするんですけど、それまでには出来上がりますよね?
A < はい!

 

~出来上がらず~

 

私 < 〇月出産予定なんですけど、それまでには出来上がりますよね?
A < はい!

 

~出来上がらず~

( ̄ロ ̄lll)

夫がAさんに連絡して、ようやく打ち合わせや工事がすすむ、って状態でした。

 

無理なら最初から断ってくれていいのよ・・・

あと、夫にはもっとAさんにガンガン積極的に連絡とってほしかった!!

 

夫は家の内側(内装)ほぼ私まかせだったので、外側はさらにどーでもよかったのかもしれません。

スポンサーリンク

外構が話し合い時のイメージと違うものに・・・

Aさん、我が家以外のお仕事でつかれていたのかしら。

いちいち、打合せと全くちがうことをされるんですよ。

 

はじめに書いた通り、砂利は白といっていたのに河原のような砂利(金華砂利?)を敷くし。

 

金華砂利は和風やアジアンテイストのおうちに合うらしいです。

我が家は完全に洋風です。

 

砂利は、気が付いた時にはほとんど敷き詰められた後だったので、言えませんでした。小心者。

 

夫に言ってもらおうとするも、

別によくない?もう敷いてもらっちゃったし~

とか言う始末。

 

先日、「本当は白の砂利がよかったのに、この砂利を敷かれちゃったんだよね~」と夫にいうと、「そうだっけ?」と返されました。

 

忘れてる!

私は何年たっても気にしているのに、夫はもう忘れてるよ!!

なんてこった!!!

 

門柱も、設置する場所も違えばデザインも事前に伝えていたものとちがうモノができあがりました。

(さすがにこれは作り直してもらいました^^;)

 

アプローチのレンガに関しては、敷く前にサンプルを見せてもらったのでイメージ通りに完成。

 

 

破格のお値段でやってもらえたのはありがたかったし、防草シート+砂利のおかげで雑草はほとんど生えてこなくなりました。

 

けど、友人・知人にはアレコレ指摘しづらいし、頼むもんじゃないな~と。

お勉強になりました・・・^^;

おしゃれな砂利の庭に作り直したい!!

思ってたんとちがう砂利の我が家を、ドンヨリした気持ちでながめること数年。

 

下の子に手がかからなくなってきた&ウイルスの関係であちこち出かけられないこのタイミングで、やーーーっとお庭改造する気が出てきました。

 

ただ、お花いっぱい、緑がいっぱいのお庭に憧れはあるけど、私にはムリそう。

砂利+(手のかからない)植物のお庭がステキだし、私にもできるんじゃないか?

ということで、アレコレ構想を練っています。

 

とりあえず、じょうろもスコップも何もかもがないので、ガーデニンググッズを買いそろえるところから始めなくては笑

 

ちなみに、記事最初のバラの写真は実家の母が育てているもの。

母にいろいろ教えてもらって、こんどこそステキなお庭にするぞー!!

スポンサーリンク
おすすめの記事